冷房による冷え性改善

夏に辛い冷え性の冷房病とは

暑い季節なのに冷え性の原因とは

これから暑くなってくる季節のオフィスでは、ついついクーラーを強めてしまいがち。しかし、この冷房によって引き起こされる冷えの症状に悩まされる女性は多いようです。冷え性の改善法を知りたい方はこちらをチェックしてみてください。

クールビズが普及したとはいえ、外回りの多い営業職の職場などでは、冷房温度は低く設定されるところも多いでしょう。またデパートなどの職場では、接客上強い冷房を聞かせていることが多いものです。

この女性によくみられるいわゆる冷房病、夏場の冷え性ですが、それが原因で職場を退職する人がいるほど深刻な症状を引き起こす可能性もあるのです。この、室内外の温度差による冷房病は、最初はただの手先足先の冷えから始まりますが、それがやがて全身の冷えへと症状が広がっていきます。

そしてそれが原因で肩こりや腰痛、頭痛や便秘、生理痛など、様々な症状となって表れてきます。この冷房による極度の身体の冷え、冷房病とはひどくなると、めまいや貧血、血圧の変動などの軽いショック症状を引き起こすことさえあるのです。これは熱波で起きるヒートショックに対して、コールドショックと呼ばれています。体温を自動調整するために機能する自律神経が異常な室内温度の差に順応できないことでこのようなショック症状や冷えの症状が発生するのです。

そして恐ろしいことに最初は少し寒気を感じる程度の自覚症状が、繰り返し冷えを引き起こす環境にいることで、どんどん症状が重くなってしまうことです。個人差が大きい症状ですので、同じ環境にいる人たちの理解を得られにくいことも、冷房病に悩む本人にとってはつらいところですね。この同じ悩みを持つ同士でないと分からない冷房病はどのような段階で進行していくのでしょうか。